メンズリゼ全身脱毛のアイキャッチ画像

近年はヒゲ脱毛だけでなく全身脱毛の人気も急上昇しています。一昔前に比べると値段が下がってきた上に、見た目に気を使う男性が増えたので当然かもしれませんね。

この記事ではメンズリゼの全身脱毛のすべてを、現在実際にメンズリゼで全身脱毛中の私の経験談とともに紹介します。

全身脱毛の範囲

まずはメンズリゼの「全身脱毛」の範囲を確認しましょう。

メンズリゼ全身脱毛の範囲

メンズリゼでは首から下のVIO以外の部位すべてが「全身脱毛」の範囲に含まれます。

また、ヒゲやVIOを含んだコースもあります。

メンズリゼ全身脱毛コース・値段

脱毛料金をコース・回数別に一覧表にしました。(金額は税込)

スクロール

コース・回数 1回 5回 コース終了後1回
全身脱毛 ¥199,000 ¥298,000 ¥59,800
全身+ヒゲ ¥358,000
全身+VIO ¥358,000
全身+ヒゲ
+VIO
¥398,000
セレクト
全身脱毛

¥198,000 ¥39,600

全身脱毛(5回)で30万円を切っていて、「全身+ヒゲ」、「全身+ヒゲ+VIO」に関しては業界最安値を提供しています。

また、ヒゲに関しては「鼻下・あご・あご下・ほほ・もみあげ」のすべてが含まれています。

セレクト全身脱毛とは、自分の好きな部位を5部位選択して脱毛ができるコースです。

メンズリゼの脱毛機と痛み

メンズリゼでは3種類の脱毛機が使われています。

痛みについてですが、機種と部位によって痛みの程度は違いますし個人差もあります。

個人差があるのは、人によって毛の濃さが違うのと、その時々の脱毛機のレーザーの出力が違うためです。

毛が濃い人に比べると薄い人の方が痛みは少ないです。

また、レーザーの出力はスタッフの方がお客さんの肌の状態や毛の濃さを見て判断しています。

それでは脱毛機別・部位別に痛みを見ていきましょう。

ジェントルヤグ(ヤグレーザー)

照射されるレーザーの種類:ヤグレーザー

脱毛機ジェントルヤグの画像

ヒゲとVIOに使われることが多いのがジェントルヤグという脱毛機です。ヤグレーザーという種類のレーザーが照射されることから、ヤグレーザーと呼ばれる場合もあります。

ジェントルヤグの1番の特徴は波長の深さでしょう。より深くにある毛根までレーザーが行き渡るため、ヒゲやVIOなどの太くて根深い毛に対しても高い脱毛効果が期待できます。しかし効果が高い分、痛みも強いです。

そして日焼けした肌でも脱毛可能です。夏に脱毛をする場合は顔が日焼けしていることもあるでしょうが、ジェントルヤグであれば問題なく脱毛ができます。

ただ、過度な日焼けをしている場合はスタッフの方に「脱毛できません」と言われる可能性もあるため、日焼けのしすぎは禁物です。

 

ヒゲ脱毛の痛み

ヒゲは脱毛の中でも1,2を争う痛みの強いの部位ですが、ジェントルヤグは脱毛機の中でも痛みを感じやすい機種のため結構痛みはありました。特に鼻下中央あご中央髪に近いもみあげは痛みが強かったです。

痛みのレベルでいうと歯医者で歯を削るよりはマシくらいの印象で、具体的に例えるなら輪ゴムで弾かれた時の痛みが1番近いです。皮膚表面というよりは内部に痛みがくる感覚です。

ただ、ヒゲ脱毛は初回が痛みのピークで、2回目3回目と回数を重ねるごとに多少ラクになっていきます。

というのも物理的な痛みは変わらないのですが、ヒゲの中でも特に痛い箇所と、あとどのくらいでこの箇所の照射が終わるかというのが初回の経験からわかっている分、「今よりもっと痛いところがあるのか?」、「あと何発(何分)で終わるんだろう」という恐怖心がないからです。

また、希望すれば麻酔を使うこともできます。

 

VIO脱毛の痛み

ヒゲと同じくらいの痛みがあると言われるVIOですが個人的にはVIOの方がラクに感じました。やはりデリケートゾーンのためヒゲ脱毛の時よりレーザーの出力を下げているのでそのように感じるのでしょう。

ヒゲと同じく希望すれば麻酔も使用できます。しかし私も実際に麻酔を使ったのですが、効果にはあまり期待しない方が良いです。

使わないよりは多少マシですが、痛みは普通に感じます。歯医者で使う麻酔と比べるとかなり差があります。

メディオスターNeXT PRO

照射されるレーザーの種類:ダイオードレーザー

脱毛機:メディオスター

ヒゲとVIO以外で使われることが多いのがメディオスターです。

軽微な日焼け肌や色黒の方でも脱毛可能で産毛に対しても効果が高く痛みが少ないのが特徴です。

他のほとんどの脱毛機は毛を作り出す組織である毛母細胞または毛乳頭を破壊するという仕組みですが、メディオスターは「バルジ領域」と呼ばれる毛母細胞を生成する組織を破壊します。

この画像のようにバルジ領域は毛母細胞や毛乳頭よりも浅いところにあるため、他の脱毛機よりも痛みが弱いということです。

バルジ領域

メディオスターNeXT PROの痛み

一般的には痛みの少ない(痛くない)脱毛機と言われています。

しかし実際にメンズリゼのメディオスターで上半身・下半身ともに脱毛した私としては、部位によっては普通に痛みを感じました。

特に下半身(太もも・スネ)は痛みが強いです。もともと毛が薄い人であればそんなに痛くはないでしょう。現に「下半身は痛くなかった」と言う方もいます。しかし私のように毛が濃い人であれば痛みがあると思ってください。

上半身も同じで、私は胸毛や腹毛がそんなに濃くないので大した痛みではありませんでしたが、濃い人であればある程度は痛いです。特に腹であればおへそ周辺、胸であれば中心部の太い毛が生える箇所。

ライトシェア・デュエット

照射されるレーザーの種類:ダイオードレーザー

脱毛機:ライトシェア・デュエット

こちらもヒゲとVIO以外の部位で使われることが多いライトシェア・デュエット。

1度肌を吸引してからレーザーを照射します。うぶ毛や細い毛にも高い脱毛効果を発揮するのが特徴です。

しかしメディオスターよりも若干痛みが強く、日焼けした肌にも対応できません。

ライトシェア・デュエットの痛み

一般的にはメディオスターより痛い機種と言われています。

私はライトシェア・デュエットでも上半身・下半身ともに脱毛しましたが、太い毛が生えるスネ・太ももは痛かったです。

上半身に関してもメディオスターよりはチクっとしました。

ライトシェアは皮膚の表面ではなく内部に痛みが来る感じです。

部位別・機種別の痛み比較表

スクロール

部位/機種  ジェントルヤグ 
(ヤグレーザー)
 メディオスター  ライトシェアデュエット
ヒゲ
背中
ワキ
VIO
太もも
ひざ下

 

脱毛機は自分で選べる?

基本的にメンズリゼでは脱毛機の指定はできません。予約をした際に空いていた機種での施術となります。

ヒゲとVIOはジェントルヤグで決まりですが、それ以外の部位なら例えば予約する時に「メディオスターがいいです」と言えばメディオスターが空いていたらそっちで予約を取ってくれます。(クリニックによってはできないところもあります)

麻酔が必要な部位は?

麻酔を使う可能性があるのはヒゲとVIOです。それ以外の部位は麻酔なしで大丈夫だと思いますし、そもそもクリニック側もヒゲとVIOでしか麻酔を使う想定をしていません。

ただ先ほども触れましたが、歯医者の麻酔のような効果は期待できません。

メンズリゼ全身脱毛の期間と流れ

コース、料金、脱毛機が分かったところで次は脱毛完了までに掛かる期間と流れを見ていきましょう。

予約の取り方

基本的にメンズリゼの全身脱毛では上半身と下半身に分けて施術を行います。つまり、1日のうちに全身すべてを脱毛することは原則できないということです。

「全身+ヒゲ+VIOコース」であれば上半身、下半身、ヒゲ、VIOに分けて行います。それぞれ予約を取って別々の日に施術を行います。

 

施術の間隔

どのくらいの期間を空けて脱毛すれば良いか表にまとめたのでご覧ください。

1〜2回目 3〜4回目 5〜最終回
ヒゲ 6~8週間 6~8週間 8~12週間
身体 8~10週間 8~10週間 10~14週間

ヒゲは身体に比べると毛周期のサイクルが早いため、間隔も比較的短くていいです。

個人差にもよりますが、最初の数回は6~8週間くらいの間隔でOKですがそれ以降は徐々に間隔を伸ばした方が脱毛効果が高くなります。

基本的には、新しい毛が十分に生え揃った時が次の脱毛のタイミングです。

回数を重ねると新しい毛の成長スピードが遅くなり、生え揃うまで時間がかかります。そのため、4回目くらいからは自分の毛の状態をよく確認して十分に期間をあけて予約を取るようにしましょう。

 

全身脱毛完了までのトータルの期間

これは選んだコースや個人の予定によって違うため一概には言えませんが、「全身脱毛」の5回コースであれば約1年〜1年6ヶ月くらいが相場です。

「全身+ヒゲ+VIO」であれば通常は2年以上かかります。

ただツルツルになるまでにこれくらいの時間がかかる訳ではなく、レーザー照射後しばらくはツルツルの状態がキープされるため、完了するのを待たなくても脱毛期間中から毛のない状態を実感できます。

メンズリゼ 全身脱毛の効果

気になる脱毛効果ですが、私はまだ脱毛の最中なので5回分の効果をお見せすることができません。

途中経過で良ければ以下の記事を見てみてください。画像付きで紹介しています。

一般的な医療レーザー脱毛の効果の目安をまとめた表はこちらです。

スクロール

部位 自己処理が
楽になる回数
ツルツル
になる回数
ヒゲ 3〜6回 10回〜
ワキ 2〜3回 5〜6回
胸・腹 3〜5回 5〜8回
2〜3回 5〜6回
手・指 2〜3回 5〜6回
VIO 3〜6回 10回〜
下半身 3〜5回 5〜8回

基本的にヒゲとVIOは5回ではツルツルにはなりません。

しかしメンズリゼでは「5回でも満足するお客さんが多い」と言う理由で5回コースを設けています。

ヒゲ・VIOともに5回の脱毛で半分以上の毛を減らすことができます。

まとめ 無料カウンセリング

    • 「全身脱毛」にはヒゲ・VIOは含まれない
    • 「全身+ヒゲ」・「全身+ヒゲ+VIO」は業界最安値
    • ヒゲ・VIOではジェントルヤグ。その他部位ではメディオスターかライトシェアが使われる
    • 麻酔を使えるのはヒゲとVIO。ただ歯医者の麻酔のようには効いてくれない
    • 特に痛いのはヒゲとVIO。太ももやスネもそこそこ痛い
    • 1日で全身脱毛はできず上半身・下半身・ヒゲ・VIOなどをそれぞれの予約が必要
    • 脱毛完了までの期間は個人差があるが、最低でも1年以上掛かる場合が多い
    • 5回でヒゲとVIOをツルツルにするのは難しいが、半分以上の毛はなくなる
    メンズリゼ
    無料カウンセリング
    どこのクリニックで脱毛を受けるにしてもまずはカウンセリングの予約が必要です。
    契約はそのあとになります。
    メンズリゼの公式サイトからカウンセリングの予約ができます。

    ↑画像クリックで公式サイトへ
    キレイな肌を手に入れて充実した人生を‼︎

    ここまでを読んでいただきありがとうございます。

    この記事がメンズリゼの全身脱毛について考えていた人の役に立てたなら幸いです。

    ぜひ参考にしてみてください‼︎

    メンズ全身脱毛おすすめランキング
    メンズリゼ

    「全身+ヒゲ+VIO」ならリゼ‼︎
    料金
    サービス
    脱毛機の種類
    店舗数
    ポイント1真の全身脱毛ここにあり‼︎
    メンズリゼなら身体だけでなくヒゲとVIOを含めて業界最安値で脱毛が出来ます。キャンセル料・シェービング代がともに無料とサービスも充実しています。

    ポイント2効果抜群のヤグレーザー
    ヒゲ・VIOなどの太くてし太い毛に対しても高い脱毛効果を発揮するヤグレーザーの脱毛機を使用できます。毛が抜けるタイミングも早く、脱毛期間中にも関わらずツルツルの状態が長く続きます。

    湘南美容クリニック
    オトコの根こそぎレーザー脱毛
    「全身」の安さなら湘南‼︎
    料金
    サービス
    脱毛機の種類
    店舗数
    ポイント1全身6回¥298,000は破格
    多くのクリニックが5回コースを設ける中、湘南では6回も脱毛が出来る上に1回あたりの料金が最安値です。
    ポイント2自分で脱毛機を選択できる
    湘南では脱毛機の機種を指定することが可能です。痛みの少ないメディオスターを選べば最小限の痛みで脱毛できます。
    ゴリラクリニック
    ゴリラクリニック
    芸能人も通う有名院‼︎
    料金
    サービス
    脱毛機の種類
    店舗数
    ポイント1トライアル料金がお得
    ゴリラクリニックではトライアル料金が用意されており、¥63,800で全身脱毛(VIO含む)を1回分試すことができます。

    ポイント2脱毛機の種類が豊富
    5種類の脱毛機を保有しており、その人の肌質・毛質にあった機種での脱毛が可能です。痛みの少ないメディオスター、太くてしぶとい毛にも効果抜群のヤグレーザー等の人気機種も完備。

    おすすめの記事